四十九日法要の準備と進め方

法要

何事も早めの準備を

葬儀後の最初の大きな法要は、四十九日法要になります。

法要を行うには、まず法要を主催する施主を決めます。

施主は普通、葬儀で喪主だった人が務めます。

日取りは遅くとも1か月前までには決め、何事も早めに準備、段取りをしておくと安心です。

わからないことがあれば、僧侶や周囲の人に尋ねましょう。

法要

準備の手順

会場を決める

 

四十九日法要は通常、寺院か自宅で行います。

自宅に参列者を招く広さがないときは、寺院で行います。

最近はホテルで行うケースも増えています。

 

日時を決める

四十九日の日が平日の場合は、直前の日曜日など、前にずらして行います。

寺院や僧侶にも都合があるので1か月前までには依頼しましょう。

だれのどんな法要かと、日時、会場、参列者の人数などを伝えます。

できれば施主が直接出向いて、当日までに用意するものを確認するなど、細かい打ち合わせを行うとよいでしょう。

 

案内状の発送

日時と場所が決まったら、親戚や故人の友人、知人などに連絡します。

封書か往復はがきで出欠の確認をとります。

少人数なら電話で連絡してもかまいません。

 

 

引き物の手配

参列者の人数が決まったら、法要のあとに配る引き物を手配します。

お茶やお菓子、タオル、海苔、シ!ツなど実用的な品物が好まれます。

香典返しと違って金額によってランク分けはせず、家族単位で一つ用意します。

表書きは「志」「祖供養」とし、施主の名前を書きます。

 

会食(お斎)の手配

法要後の会食の手配をします。

自宅で行う場合は仕出し屋に料理を頼みます。

料亭などで行う場合は予約を入れます。

このとき、法要だということを伝えておくと慶事用の料理をはずしてくれます。

会食を設けない場合は、参列者には折り詰めとお酒の小瓶を用意して、引き物と一緒に渡します。

会食

位牌の準備

四十九日法要では、葬儀に用いた白木の位牌を漆の塗り位牌または黒檀や紫檀の唐木の本位牌に取り替えます。

仏壇屋に依頼しますが、日日ぐらいかかるので、早めに頼みます。

 

僧侶へのお礼

白封筒にお金を入れ、「御布施」「御礼」などと表書きをします。

卒塔婆供養をした場合は、「卒塔婆供養料」も包みます。

また、自宅や霊闇までに出向いてもらった場合は「お車代」、会食しない場合は「御膳料」も渡します。

 


大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから大阪市立瓜破斎場でご説明しています。