後飾りは葬式を終え白木祭壇をしまった後に遺影写真・遺骨・位牌と呼ばれるものを法要まで自宅で安置してお祀りするための祭壇のことを後飾りと言います…。

葬儀式はお寺の宗教者による授戒(仏入る人に戒律を授ける)と引導(故人を彼岸に導くこと)を行う宗教式で、通常では家族のみが参加していました。
中学生の時にお父ちゃんを亡失したので法要には無知で、しかも問い合わせる親族もいないから、十七回忌といっても何をしたらよいのか分かりかねます。
葬儀と告別式とは従来別のもので仏教の儀式では先ず第一に宗教者による読経などをされ、次に告別式、主に喪主が故人を見送る会が、執り行われています。
斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場 葬儀料金瓜破斎場 葬儀が有名です。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)とは古の時は古来神道の言葉遣いで祭礼・儀典を行う場所を定義していますが、昨今では、変わって主に葬儀式を行うことが望める建物を指します。
または万一のときは以前に打ち合わせを、されていた葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)に葬儀を託すことが望めますので、実際にというような時も柔らかに対策する事が可能だと考えます。

喪主となるのは一族の葬儀嫁のお葬式令息の葬儀ぐらいのもので、親のお葬式も次男だから任されないし、配偶者のお葬式も先立つので喪主はしません。
葬儀式を事前準備する人は家族総代、地域の偉い人や関係する共同体、職場の人など、思慮のある人の意見を照らし合わせて決めるのがいいと思います。
「葬儀お坊さん」という言葉も「葬儀・法事だけしたがる僧侶」を例えてみただけでなく「葬式に関わるから穢れている」という意義をやったこともある。
死亡者の気持ちを受け親族のみで葬式を済ませたところお見送りの場にお見送りできなかった人が、手を合わせたいとちょくちょく自宅へ、くるようになりました。
『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』という意味は字のイメージ通り終身のきれいに幕を閉じる方法であり、終身の最後をもっと粋なすべく事前に段取りしておこうと思われている取り組みを言います。

揺るがない本義がない『家族葬』というタイトルですが、主体として家族や友人、親しい方をメインとした少人数での葬儀の呼び名として利用しています。
後飾りは葬式を終え白木祭壇をしまった後に遺影写真・遺骨・位牌と呼ばれるものを法要まで自宅で安置してお祀りするための祭壇のことを後飾りと言います。
母親に資金がございませんので財産寄与は関係ない、俺は何も賜る気構えはなかったので贈与は関わりない、と取り違えをする人が多数いると言われています。
仏のお参りに手を付ける人がゼロになってしまうとか遺族、の代行として、菩提寺(先祖のお墓があるお寺または法事・法要に供養をしてくれるお寺)の僧侶に依頼して、亡くなった人の命日に、決められた年数、供養とお参りをする、が永代供養のことです。
満中陰の忌明けまで運用するのが普通でお通夜とか葬儀に参加出来なかった人達が、弔問に来た際には、ここでお参り供養してもらいます。