死者を想い葬儀の席が亡くなった人を傍に置いて財産争いをする醜い場になりそこで故人を見送っているのは誰なのだろうか…。

大事な方が亡くなった事実を現実として認め重要な人がこの世からいなくなったことを意識した上で亡くなった人のの霊を供養し集合した親族や友人と、悲しみを共感することが、心が浄化されていきます。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)と言われるのは次の生き方を『どんな感じに暮らしたいか』といった思惑を形にしていくこと、生涯の終わりに向かって挑戦的に予定することで、満足する生きる活動です。
ご家族と特定の人々のみをお招きして、お別れを行う、セレモニーを、「家族葬」と見られるようになり、この頃、浸透して、きたとのことです。
お葬式は寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)の坊主による授戒(仏門に入る人に戒律を授ける)と引導(故人を彼岸に導くこと)を行う佛式で、原理では家族のみが参列されていました。
ことさら記したエンディングノートも在所を家族が知らなければ意味がないので、信用できる家族に知らせておきましょう。

重要な方の危篤を病院の先生から告知されたら、家族や自分が会いたいと願う人に、一瞬で連絡を取りましょう。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要の時とは全く違って後々に残るもので結構だと思いますし地域の慣習等によっても、異なっているもので、仏具店などでお問い合わせしてみるのも仏具店などでご相談なされるのも、よろしいと思います。
亡くなった人は趣味が釣りだというご主人の話を聞いていたから釣り好きの故人のために祭壇を釣りに見立てて、ご提案させていただきました。
僧侶とかかわりがなく葬儀のケースに葬儀業者に坊主を指南して頂くケースは、お布施を何ぼほど払えばいいのか理解していないので、危惧の念を偲ばせる人も多いようです。
過去は家族の方の手で強行することが普通だった通例だった遺品整理ですが、忙しかったり、遺品整理する家が遠かったり、遺族ではできないのが現状です。

本人の葬儀や葬送の手法について生きているうちに決めておく事を希望する方家族と相談して決めたりエンディングノートと言われるものに書き残す人もいるようです。
仏像や彫る人に対する膨大な見識が書かれており仏像の見解仏像の彫り方、名高い仏師(仏師とは、日本における、仏像などの制作を担当する者に対する名称である。 飛鳥時代においては、仏像制作技術を持った血縁集団が存在しており、その長たる者を仏師と称していた。その大多数は、渡来系に属する技術者たちである。鞍作止利の名が知られる)紹介、仏像の種類、入手の仕方、仏像の魅力は?意味は?色々あります。
仏式の時では安置は北枕でと言われていますがご遺体の安置の手段については仏式以外のキリスト教・神式などの、個々の宗教や宗派によって習わしが変わっていきます。
死者を想い葬儀の席が亡くなった人を傍に置いて財産争いをする醜い場になりそこで故人を見送っているのは誰なのだろうか、という気持ちにさせられた事を記憶している。
交友のある僧がわからない、己の世帯の宗旨宗派があやしい方は、はじめに実家や従妹に問い合わせるのがいいですね。